メディアデビュー!これまでの足跡と新年に向けて

今年6月にママ友二人で設立したファミリード。

コロナ禍の真っ只中、向かい風に立ち向かうべくオンラインイベントを突如開催するファミリード。

リモートでの講座開催の壁に立ちふさがるファミリード。

この半年、思い返せば様々なトライをしてきました。

メディアへの露出もいくつか経験してきましたが、ホームページではあまりご紹介してこなかったので、師走にはいったことですし、ここらで一旦これまでを振り返ろうと思います。

まず、3月末にこのホームページが出来上がりました。
その時の最初のコラムはこちら
改めて読んでみて娘の子育ての経験からこの活動に繋がったことを思い出しました。

子育ての良いところの一つは、他人ごとも自分ごとのように思えた事。
自分一人では子育てはできないし、そのために良い社会になってもらはなくては困るし、よそ子でも悲しい顔をしているのを見たくない。

そんなシンプルな発想から始まったのです。
だいぶ飛躍しているように見えるかもしれませんが、私の中では繋がっています(笑)。

ウェブサイトは講師情報のほか、講座開催の流れや案内状などのテンプレートをダウンロードできるように整えました。

その直後から開始した講師認定の活動。

あらゆるコネクションを利用して、私たちが「おもしろい!聞いてみたい!」というセミナー講師を探しました。

無名で何の保証もない弱小法人にもかかわらず、認定講師のお誘いに応えてくれた方は16名。「日本を変えよう!」という大それた思いに賛同してくれた方々が集まっています。

ファミリードの認定講師の条件は保護者に届けたい良質なコンテンツを持つ熱い「思い」を持つ人。
有名・無名・経験は関係なく、家庭教育学級のスポンサーである行政の補助金で賄える範囲での講師料で引き受けてくださることも条件としてお願いしています。

認定講師の詳細をご覧になりたい方はこちらへどうぞ。

副代表の亀谷さおりが某小学校で登壇した時の様子

また、「我こそは認定講師に!」という方はこちらをご覧ください。

ファミリードでは元々セミナー講師であったかどうかは問いません。

これまで企業で働いていた方、専業主婦だけどある方面で極めている方、昨今の企業の就労システムの変化で時間の空いた会社員など、未経験の方にも挑戦していただくために、認定講師限定のサービスも取り揃えております。

経験・実績に合わせて「正会員」「セミプロ会員」「プレ会員」と種別を明示することで、経験の浅い方でも安心してご登録いただけます。

「伝えたい」という思いと「ニーズに合ったコンテンツ」を重視しており、現時点では、プログラミング、性教育、SDGsを保護者に指南してくださる方を特に必要としています。

ファミリード認定講師プロモーションサービスはこちら

そして8月にNPO法人ハピタと出会います。
代表の加藤拓也氏はPTA副会長の経験とIT企業勤務というバックグラウンドを生かしてPTA運営効率化ツールを開発、利用促進をされている方です。

ファミリードの活動目的の一つは「効率化」です。

毎年入れ替わる担当者がうまく引き継げていないのでは?
毎年同じような書類をゼロから作っていないだろうか?
ただでさえ講師を探すという難題を抱えるため、事務作業は少しでもラクしてもらいたい。

ハピタのツールはそんな思いと合致するコンセプトでした。

PTA事務局の作業の軽減や保護者同士のコミュニケーションはもちろん、「地域の巻き込み」まで考えていること。

保護者だけで何とかしなくていい。

先生や近くに住む大昔の卒業生だって「それ私やります!」と手を挙げることができる。
そんな温かい気持ちを汲んでくれるツールなのです。

代表の加藤拓也氏のインタビューの模様はこちらをご覧ください。

そして、時はまだコロナ一色の世の中。

PTA活動は全国的に停滞し、講座開催のニーズもほぼない状態。

これまで学校内の集会室等で対面での開催をしてきた講座ですが、「オンラインで実施する」なんて発想は私もありませんでした。

でも今やzoomというツールを知らない人はほとんどいません。

そもそもオンラインでできれば、北海道や沖縄、離島にある学校から首都圏に在住する講師の話が聴けるのです。補助金額が限られている家庭教育学級では、交通費が不要になることはとても大きいことです。

現在だけでなく、恒久的に定着するといい。

「集まれないからできないよね?」という流れもくい止めたいところです。

こうなったら何としてもファミリードのことを多くの方に知ってもらわねばなりません。

行き着いた先がファミリード初のイベント「オンラインミニ講座」の開催。

ファミリードの思いやおもしろい講座内容を知ってもらおうと2時間弱のオンラインイベントを企画しました。

イベントを多くの方に知ってもらおうと新聞社、雑誌社、ウェブサイト運営団体など多くのメディア企業にお手紙を書きました。

もう何社に発送したか数えきれなくなった頃に、毎日新聞さんからお電話をいただきました。

嬉しかったです〜。

涙と緊張で声が震えていたのを鮮明に覚えています。

10月5日、ファミリードは毎日新聞社会面でメディアデビュー、オンラインミニ講座の告知をしていただきました。

写真の説明はありません。

そして迎えた10月8日13時、ファミリード初のイベント「オンラインミニ講座」を開催しました。

イベントには後日視聴も含めると60名を超える視聴の申し込みがありました。

感動したのは、受講後アンケートの温かなお声の嵐。

PTA活動がネガティブに捉えらえているこの世の中で、私たちの思いに賛同してくれる方々が多くの励ましのメッセージを下さったことに感激しました。

開催報告はこちらをどうぞ。

そして、少しづつですが、ようやく講演依頼が舞い込むようになってきました。

10月22日 東京新聞・中日新聞、「東京すくすく」の記事にファミリードの理事が登場。

何だかエラそうにPTAのあり方なんぞ語ってしまいました。すみません。

東京新聞ウェブ版「東京すくすく」にも全文が掲載されています。

のちに検索サイト「goo」にも東京すくすくの記事が掲載されていることを発見しました
goo様、ありがとう!

取材を受けた時の様子。アゴが気になる・・・

そして、オンラインミニ講座に参加していただいたメディア関係者の方が11月3日に子連れでも安心しておでかけできる情報満載ファミリー向けポータルサイト「ココフル」さんにファミリードの活動をご紹介いただきました。

ファミリードの詳細なご紹介は初めてでとても嬉しいできごとでした。

12月に入り、YouTube「ファミリードチャンネル」を開設しました。

これまでだったら委員になった当事者や知り合いのつてで行っていた講師探しからの転換。

ウェブのプロフィール情報だけで判断するのは難しいだろう、というわけで、立体的な情報で講座内容や講師の人となりを確認していただけるよう全講師の動画をアップすべく励んでおります。

これを書いている今も、テレビをつければコロナ感染拡大のニュースばかり。

新年度もPTA活動が例年通り行われるとは考えずらい。

しかし、だからこそPTA活動や保護者の学びについて考えるべき時。

これまで全ての活動が必要とは思いませんが、必要なことだけやればいい。

どうしてもPTAでやらなくてはいけないのか?

いやいや、主催がどこかなんて正直言ってどうでもいい。
でもせっかく行政から補助金が出ているのだから有効活用しましょうよ。

保護者の学び続けることで、私たちは子供達に伴走し、先行きが見えない未来に立ち向かうことでようやく乗り越えられることのように思います。

私たち保護者も「人生100年時代」に突入。

会社員、主婦という肩書きだけでなく、「学校での講師」というワクワクするチャレンジをサポートしたい。

「できない」ではなく「どうしたらできるのか」を探りませんか?

ファミリードをあなたの好きな方法でご活用いただけたら幸いに存じます。

本年はお世話になりました。

来年もどうか温かく見守り、時に叱咤激励をくださるよう、どうぞよろしくお願いいたします。

2020年12月 星谷みよ子

【開催報告】「コロナ禍だからこそ学びを止めない!」PTA保護者向けオンラインミニ講座を開催しました

 全国規模で初、PTA保護者と講師をつなぐ場を設立した一般社団法人ファミリードが、10/8にファミリード認定講師によるオンラインミニ講座を開催いたしました。

 PTA役員や保護者、教育関係者、報道関係の方々など、60名以上の方々にお申込みいただき、大盛況の中無事開催することができました。当日開催してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

当日は、三部構成で行いました!
“【開催報告】「コロナ禍だからこそ学びを止めない!」PTA保護者向けオンラインミニ講座を開催しました” の続きを読む

横山沙織(よこやまさおり) |ファイナンシャルプランナー、スローライフマイスター、持続可能な暮らし方アドバイザー

プロフィール

福井県小浜市出身 信州大学工学部卒。
静岡県内を中心に転勤族生活の後、2020年より静岡県の東伊豆町に定住する。
小6双子娘+小2男子の3児のママ。

ファイナンシャルプランナー・住宅ローンアドバイザー
スローライフマイスター認定者

子育て中にFP資格を取得。ライフプランの魅力に惚れ込み、同じ子育て世代のママ達にも伝えたい!の一心でファイナンシャルプランナーの仕事を始める。
「お金×価値観×幸せ」の関係性を追求し、スローライフマイスターとしてwithコロナ時代に「持続可能な暮らし」の提案をしている。

HP
https://irodori-mission.com

“横山沙織(よこやまさおり) |ファイナンシャルプランナー、スローライフマイスター、持続可能な暮らし方アドバイザー” の続きを読む

原 幸(はらさち) |親業訓練インストラクター

プロフィール

1977年高知県宿毛市生まれ。
営業職、信販業を経て、出産を機に一度家庭に入るが、その後社会復帰し、教育支援員・不登校支援員として公立小学校に7年勤務する。
世の中は情報があふれているのに、困っているお母さんはなぜ減らないのだろうと疑問に思っていた2014年に『親業』と出会い、その答えが見つかる。
翌年インストラクター資格取得。親業で学んだことがきっと生かせると、PTA会長を4年務める。

HP
https://nikonikokosodate-okayama.com/

facebook
https://www.facebook.com/oyagyou.michishirube

Blog
https://nikonikokosodate-okayama.com/blog/

“原 幸(はらさち) |親業訓練インストラクター” の続きを読む

【インタビュー】10/8ミニ講座講師 パーソナルトレーナー・臨床分子栄養医学カウンセラー 佐久間翔太さん「イケメンが栄養を語る」の巻

「栄養」と言えば女性、どちらかと言えばおばちゃんからお説教されるようなイメージってどこかにありませんか?(おばちゃんって、私のことか…)

今回はパーソナルトレーナーでありながら栄養、脳や心の働きについてもセミナー活動をされている佐久間翔太さんにお話を伺いました。


Q佐久間さんは現在パーソナルトレーナーとしても活躍されアクティブな印象がありますが、今からは想像できないような少年時代を送ったようですが、どんな感じのお子さんだったのですか?

:トレーナーだからスポーティなイメージがありますよね。

記憶の限りだと、表面上ではふざけたがりで、楽しいことが好き。でも、実は内気なところもあって、今でもこれはあまり変わらないけど、人見知りで人と関わるのが苦手でした。

そのきっかけとなったのが、小学校低学年ぐらいの頃にすれ違いざまに同じ歳くらいの子供に「豚みたい」って言われたのです。鼻がちょっと上を向いていたんですね。それ以来自分に自信が持てなかったという記憶が強くあります。

“【インタビュー】10/8ミニ講座講師 パーソナルトレーナー・臨床分子栄養医学カウンセラー 佐久間翔太さん「イケメンが栄養を語る」の巻” の続きを読む

【インタビュー】10/8ミニ講座講師 人材育成コンサルタント 渡辺千春さん

 10月8日に開催のオンラインミニ講座「子どもの才能・特性・強みを見つけるセミナー」~強みを伸ばし弱みは克服しない!についてお話くださる渡辺千春さんは、企業で営業や新人教育など様々な部署を経験された後、企業研修講師として25年以上人を育てるお仕事をされています。

 コロナにより、3~5月にびっしり予定されていた研修は、すべてキャンセル・延期となってしまったとのことですが、6・7月から、オンラインに切り替えての研修が始まっているそうです。


Q:オンラインでの研修は、今までのリアルでの研修と比べて、多くの難しい点があると思うのですが、どのように感じていらっしゃいますか?

:ご想像の通り、リアルとオンラインは、全然違います!
リアルでは、五感を使って人と接することができますが、オンラインでは、視覚と聴覚の二つの感覚しか使用できません。視覚に関しては、さらに、立体ではなく、二次元という狭い範囲に限られます。

“【インタビュー】10/8ミニ講座講師 人材育成コンサルタント 渡辺千春さん” の続きを読む

【インタビュー】10/8ミニ講座講師 家族の夢と現実をつなげるライフスタイルアドバイザー 前田菜穂子さん

 10月8日に開催のオンラインミニ講座「子どもの自立を促すおこづかいの渡し方」についてお話くださる前田菜穂子さんは、保育園に通う6歳のお嬢さんをお持ちの働くママさんです。
普段は、社会保険事務所でお仕事をされながら、子育て世代向けにおおこづかい(お金)についての話をする活動、親子向けにおこづかい教室を行う活動をされています。


Q:ファイナンシャル・プランナーとしての活動を始めるきっかけは何ですか?

:もともとお金について勉強しようと思ったのは今から約8年前です。子どもがほしいなと思い非正規雇用の仕事に切り替えたのですが、ちょうどその時に主人に難病が発覚しました。

“【インタビュー】10/8ミニ講座講師 家族の夢と現実をつなげるライフスタイルアドバイザー 前田菜穂子さん” の続きを読む

【インタビュー】「教えない英語」って何ですか?一般社団法人ペアリド 代表理事のあべゆかこ先生

今回のインタビューは、生徒さんから「ゆっか先生」と呼ばれ親しまれている「教えない英語」一般社団法人ペアリド 代表理事のあべゆかこ先生。

英語教室なのに「教えない英語」!ってどういうことでしょう?

10月8日(木)に予定されているオンラインミニ講座でご登壇されますが、一足先にその秘密に迫ってみました。

Q:
英検1級やTOEIC980点など素晴らしい資格を持ち通訳をこなしていたと言うゆっか先生が、高校生の時はなんと落ちこぼれだったと言う体験からお聞きしました。

A:
そうですね、NYへ家族と移り住んだ時は本当に落ちこぼれだったのです。

特に英語が得意でもなかったので、現地の高校に入った途端、本当にものすごく落ちこぼれになりました。

「ちょっと頑張ればできるかな」というレベルだと人間って頑張れるのですが、あまりにも不可能なレベルだったので突然英語で社会や理科など、しかも高校だと結構内容的に難しいのでそれを英語で学ばなければいけない。もう諦めたというか、「もう無理!」ってなっていたんです。

そんな時に英語で詩を書くという授業があって、私には無理だからって、もうシャッターガラガラガラって下ろしていたんですけど、そんな時に先生が甘やかす事もなく、「今まで英語を習ってきたんだから何かは書けるでしょう?何でもいいからとにかく頑張って書いてみなさいよ、辞書使ってでもなんでもいいから」とおっしゃってくださって、そこで仕方なく書いてみたわけです。

そしたらそれをすごく褒めてくださってA+(最高評価)をつけて教室に貼ってくださったのです。ようやく私という人間が存在しているんだということを認めてもらったような気がしたのです。

そんな風に褒めてもらう、認めてもらうことで自己肯定感が上がるのを実際に体験して、承認をもらうということの力の大きさを感じました。

“【インタビュー】「教えない英語」って何ですか?一般社団法人ペアリド 代表理事のあべゆかこ先生” の続きを読む

【インタビュー】PTAをハッピーに!「ハピタ」代表の加藤さんとの対談

 先日、代表の星谷と二人で、NPO法人ハピタ代表の加藤拓也さんと対談する機会をいただきました。

 一度オンラインで挨拶させていただいていたのですが、オンラインの時以上に柔らかい気さくな雰囲気をお持ちでした。加藤さんの人柄が、PTAに関わるみんなをハッピーにするPTAツールを生み出した、というのが納得できる、終始和やかな温かい時間になりました。


忙しかったけれど楽しかったPTA副会長の経験を経て、距離を置いて考える時間ができたからこそ生まれたPTAツール

“【インタビュー】PTAをハッピーに!「ハピタ」代表の加藤さんとの対談” の続きを読む

河﨑明子(かわさきあきこ) |分子栄養カウンセラー

プロフィール

1984年生まれ。
美大、アニメ、ヘアメイクの専門学校で学ぶも、現在は5児の母として子育て真っ只中。
子供達が全員アトピーだったことから食事やスキンケアに気をつけ始める。
長男はステロイドできれいに治るが次男は3年ステロイドを使用するも治らず、象の皮膚のような状態になり、しまいには細菌とウイルスの感染症を併発し入院。そこから脱ステロイドを決意し、オーガニック野菜や無化学調味料に始まり、あらゆる療法を試す。三男を妊娠中、母親や夫が病に倒れる。その後も様々な療法を学び実践した末、残念ながら母親は他界してしまったが、夫の病気は回復、子供たちのアトピーも完治させる。
これらの経験から、根本原因を考え体が求めている食や生活習慣を提案する分子栄養学に行き着く。自分と同じ様に子供や家族の体調不良などで悩むお母さんの相談に乗り、改善の糸口を共に見つけるべく、現在は栄養療法カウンセラーとして活動している。

facebook:
https://www.facebook.com/akiko.kawasaki.9883

“河﨑明子(かわさきあきこ) |分子栄養カウンセラー” の続きを読む