原 幸(はらさち) |親業訓練インストラクター

プロフィール

1977年高知県宿毛市生まれ。
営業職、信販業を経て、出産を機に一度家庭に入るが、その後社会復帰し、教育支援員・不登校支援員として公立小学校に7年勤務する。
世の中は情報があふれているのに、困っているお母さんはなぜ減らないのだろうと疑問に思っていた2014年に『親業』と出会い、その答えが見つかる。
翌年インストラクター資格取得。親業で学んだことがきっと生かせると、PTA会長を4年務める。

HP
https://nikonikokosodate-okayama.com/

facebook
https://www.facebook.com/oyagyou.michishirube

Blog
https://nikonikokosodate-okayama.com/blog/

開講可能講座

子どもの本音を聞き逃さないコツ~何でも話せる親子関係の作り方~

ジャンル:子育て環境づくり
対象:保護者のみ
対象校: 幼稚園, 小学校, 中学校
オンライン講座:対応不可
所用時間:60~90分

アメリカの臨床心理学者、トマス・ゴードン博士が開発した親業をベースに、親にとっての困りごとも子どもからのサインだとすることができたとき、親がどのような対応がとれるのか、子どもの自立を促すコミュニケーションの方法を体験していただきながらお伝えいたします。また、親が頭を抱えるようなことを子どもがしたときに、どんな伝え方をすれば伝わるのかについても触れます。

講座の流れ:

  1. 「親業」とは?
  2. あなたの子育ての目的は何ですか?
  3. 親子関係を壊すリスクのある言葉がけ〈お決まりの12の型を体験〉
  4. 言葉のキャッチボール、できていますか?
  5. 誰が困っている?サインをキャッチする
  6. 子どもが悩んでいるときに有効な対応方法とは
  7.  親の‘嫌だ’をどう伝えるか

こんな保護者にオススメです:

  • 親子間で言い合いが絶えない
  • 子供が何も話さない・相談してこない
  • 子供の行動にイライラしてつい感情的に怒ってしまう
  • 「いつまでテレビ観てるの?」、「早くやりなさい」が口癖
  • 子供が何を考えているのかわからない
  • もっと子どもと仲良くなりたい
  • 子どものことをもっと好きになりたい

受講者の声:

  • 親子関係だけでなく、すべての人のコミュニケーションに通じるものがあると思った
  • 怒らず冷静に子どもの話を聞くことが大切だと感じました。「子どもの心の扉を開ける」気持ちで接していきたい
  • 子どもとの対話例を具体的に出してくれてわかりやすかった。子どもの感情を発散させる聞き方を心掛けたい

出張可能エリア

岡山から日帰りできる距離。
遠方の方はご相談ください。
交通費のご負担をお願いいたします。

メッセージ

かつての私は、結婚したら子どもをつくり、育てていくことが当たり前のことと思っていて、子育てについて深く考えたことがありませんでした。生活面でのお世話で手がいっぱいで、考える間が無かったように思います。子育てがうまくいかず、イライラが募り娘に八つ当たりし、寝顔を見ては自己嫌悪に陥る日々。それでも周囲の人に「いい子だね」と娘を褒められることで、私の子育ては間違っていないと思ってきました。それでも自分の思い通りにならない娘に対して大きい声で怒鳴り散らしていたのを今でも鮮明に思い出します。きっと、同じような経験をしている親御さんは多いのではないでしょうか。
私は親業に出会い、ただやり方を知らなかっただけということがわかり、ずいぶんと気持ちが楽になりました。そして、子どものことを心から好きになることが出来ました。ではどんなやり方なのか。体験談を踏まえてお話いたします。

原 幸さんへ依頼するには

  1. メールで直接コンタクトをとる→こちら