あべゆかこ|「教えない英語」一般社団法人ペアリド 代表理事

プロフィール

高校1年の時家族とニューヨークに移住。落ちこぼれから、とある先生との出会いにより現地の大学で成績優秀者リストのメンバーに。大手メーカーで15年間、翻訳・通訳、商品企画等担当するも、“通訳はいないほうがいい”と思い、2013年にコミオ英語教育ラボを設立。
「教えない英語」で“将来仕事で活躍する自立した仕事人になる”ための英語教室をスタート。
2019年12月に一般社団法人ペアリド設立。小中学校のPTAにて講演会実施中。2児の母。

あべゆかこ先生のインタビュー記事はこちら

HP
https://www.pairedreading.com/

facebook
https://www.facebook.com/一般社団法人ペアリド 英語ペアリーディング協会-101192968022074/

Blog
https://ameblo.jp/commio/

その他ソーシャルメディア
https://www.reservestock.jp/page/step_mails/22870

開講可能講座

どうなる?これからの英語教育。ご家庭でできることとは?

ジャンル:外国語
対象:保護者のみ
対象校:幼稚園, 小学校, 中学校
オンライン講座:対応可
所用時間:60分

2020年度から始まった、小中学校での英語教育改革。何がどう変わるのか?“わからない”不安を解消し、今すぐご家庭でできることがわかる内容です。

・改革の背景にはどんな社会的要因があるのか?
・変化の時代。これからの子どもたちに求められている力とは?
・具体的に、小中学校での英語の授業はどうなるのか?
・受験はどう変わるのか?
・今すぐご家庭でできる3つのこととは?

自身がアメリカの高校・大学で過ごした5年間とその後15年間英語を使って仕事をしてきた経験から逆算して、今子供たちが身につけておくべき力とは?をお伝えします。
また、小学5年生のとき1年間の勉強で英語ゼロから英検2級に合格した我が子の子育て、英検に合格したり20〜30点成績アップしている生徒さんの事例なども混ぜながら、英語にとどまらず子育て全般に役立つヒントお伝えします。

出張可能エリア

全国(関東圏以外は交通費を負担願います)

メッセージ

“子どもには英語ができるようになってほしい、でも、どうすればいいのかわからない。”
“小学校で英語の授業が始まるけれど、自分も英語は苦手なので家で宿題を見てあげられそうにない。”そんなお悩みをよく耳にします。
親御さんたちの不安を少しでも解消できればと思い、これまでにも複数回小中学校のPTAや子育てイベントで講演をさせていただきました。

・ご自身の経験上のお話、そこからくる英語教育についてのブレない考えがあるからこそ、伝わってくる内容でした。
・身近に感じられるすばらしい授業でした。具体的な話がすごく参考になりました。
・思っていた以上に英語教育が2020年から入ってくることに驚き、今日聞いて良かったです。個々に合うやり方があることなど今後に生かせることがたくさんありました。

など多数ご感想をいただいています。一人でも多くの方の英語教育に関する不安を解消し、お子さんと楽しく学ぶ環境づくりに貢献できれば幸いです。

また、小中学生のお子さん向けに、「“英語”という道具を使って、あなたの将来の夢を叶えよう!」という講座を実施することも可能です。「英語の勉強をしなさい」とお母さん・お父さんに言われるお子さんも多いと思いますが、英語ができるとどうなるんだろう?どうして小学校で英語の授業が始まったのだろう?などを、楽しくクイズ形式で学ぶことで、英語を身近に感じられるようになり、英語学習のモチベーションがあがります。小中学校、学童クラブに伺って授業をすることも可能です。

お気軽にお問い合わせください。

あべゆかこさんへ依頼するには

  1. メールで直接コンタクトをとる→commio.eng@gmail.com(送信時は@を半角にしてください)
  2. SNSからメッセージを送ってもらう→href=”https://www.pairedreading.com/”>https://www.pairedreading.com/